2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2度目の鍋谷峠・・・そして「聖地」へ

 【10//2012】

2012年7月10日(火)
P1000857.jpg
今日も仕事が明け番で、帰ってきたのが朝の9時。
先月の遅れを取り戻そうと、嵐山に行ってきたばかりなのに「せめて100km!」と意気込んではみたものの、やっぱり出発は10時半。
先日の琵琶湖と同じく行先も定まらない。

が、近場で攻めるにしても、金剛山はこの前行ったばかりだし、なんとなく水越も行きたくないし・・・。

と、ここで「関西ヒルクライムTT」http://cyclett.dip.jp/cycleTT/Top)に登録もしてあることだし、ほぼ1年ほど前にSCR2で35分ほどかけて死にそうになりながら登った「鍋谷峠」に行ってみようと、泉北から泉田中、別所を抜けR480へ。
P1000843.jpg P1000844.jpg
別所の先にある観光農園「南楽園」前の坂をヒーヒー言いながら越え、R170を経由してR480に入ります。
最初に「逢野トンネル」がお出迎え。いきなりの坂です。
去年来たときはここで脚が売り切れました。(情けない・・・)
今回は何とか登り切り、スタート地点の「鍋谷橋」に向かいます。
ここR480は「父鬼街道」と呼ばれ、道の両側には製材所がたくさん並んでいます。
そのうちの一つ、「松葉善製材所」の先にある鍋谷橋がTTのスタート地点です。
呼吸を整え、静かにスタート。当たり前か・・・。
P1000847.jpg P1000848.jpg
スタート地点からすぐに道は細くなり、路面も荒れて腕に優しくない。
九十九折れが続き、さっき見た景色がまたまた見えてくるという、不思議な光景が繰り返します。
もうすぐゴール、もうすぐゴール・・・と言い聞かせた先にはまた同じ九十九折れ。
平均タイムの24分が近くなってきたころ、いよいよゴールか、と思わせてまだまだ上りが続く。
もう勘弁して・・・と思ったところでピークが見えてきました。
最後の力を振り絞って駆け上がるも、平均より5分も遅い29分04秒。
バイクを「鍋谷峠」と書かれた看板の前に立てかけ、その辺を歩く。歩いていないと脚が死にそう。クールダウンのつもりでうろうろ歩く。
P1000849.jpg P1000851.jpg
あとから登ってきた男性ローディは涼しい顔(に見えた)でピークを折り返していく。和歌山側からは女性ローディが上がってきて休憩もそこそこに大阪側へ下りていく。
みんな、休まなくてもいいの?おじさんはダメ。30分ほど峠から動けませんでした。

しばらくして、息も整ってきたので和歌山側へ下ります。
去年来たときは途中までしか完成していなかったバイパスが、かなり工事も進んでここを気持ちよく下る。
かつらぎ町笠田に出て道の駅「紀の川万葉の里」で休憩と補給。
ここにある観光案内図を見ながら、行先を加太海水浴場に決める。根拠はない。いつもこんな感じ。距離は約40km。
P1000855.jpg P1000856.jpg
P1000858.jpg P1000859.jpg
まあ、2時間もあれば到着です。
休憩を終え、和歌山市に向け出発します。道は単調なR24。向かい風なのか追い風なのか分からないまま西へ走る。阪和道和歌山I.C近くでr139、r7を経由して加太へ向かいます。
P1000861.jpg P1000863.jpg
予定通り約2時間で加太に到着。海水浴場を眺めてみても、どこかの幼稚園か保育園の子供たちが遊んでいるだけで、真夏の青空の下とは思えない淋しい風景にちょっとがっかり。
まあ時間も16時近くだし、梅雨も明けてなければ、こんなもんですかね。
P1000864.jpg P1000866.jpg
P1000867.jpg P1000868.jpg
ここでは休憩をあまりとらずに(帰りが遅くなりそうだったので・・・)次を目指します。
大川峠を超え、次なる目的地は・・・
ここまで来ると外せないのがマイミクのゆう君と衝撃を受けた”聖地”「道の駅・とっとぱーく小島」です。
ここで休憩を取り、「あの」石碑の前で記念写真。
今回はボタンを押す勇気はありませんでした。
P1000871.jpg P1000872.jpg
P1000873.jpg P1000877.jpg
P1000878.jpg P1000879.jpg
名残惜しかったものの、帰りが遅くなりそうだったのでとっとぱーくを後にし、岬町からR26、r204(旧R26)経由で20時過ぎ、帰宅しました。

ゆう君復活の際はまたここに来ます。その時は「ボタン」を押しますよ。

本日の走行距離・・・141.2km
本日のルート…http://yahoo.jp/UDRP3b


FC2ブログランキングに参加しています
↓こちらを一押しお願いします↓

     
スポンサーサイト

Category: 自転車 サイクリング ロードバイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。