2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2012 小豆島DEよく張り観光ポタ @WALC

 【20//2012】

2012年7月15日(日)
春に予定していた「2012 小豆島DEよく張り観光ポタ」がこのたび開催されました。
P1000946.jpg
天気予報は前日まで「曇り・降水確率40%」と微妙な感じ。参加者の日ごろの行いに期待するしかありません(笑)

参加者は管理人の地蔵さん、おばちゃんさん、mikaminさん、Marineさん、とおるさん、しん★たろさん、なーさんさん、よっこちゃんさん、Masatoさん、kazさん、NATIVEさん、そして私の12名。

朝、6時15分、mikaminさんをpick、7時過ぎ、Marineさんをpickして中国自動車道に入りますが、いきなり渋滞。
早めに出たはずなのに、高速は常にいっぱいいっぱいの状態。おまけに小雨が降ってるし…。
ナビの到着予定時刻とにらめっこの状態で、朝9時、予定通り姫路港に到着。予定していた駐車場が一杯のため近くにある別の駐車場に止め、全員集合です。

挨拶もそこそこに、9時半過ぎ乗船開始。
このころには天候も回復し、青空がのぞいています。
P1000928.jpg P1000929.jpg
9時45分、フェリーは岸壁を離れ瀬戸内海を1時間40分かけて小豆島福田港に出航しました。
船内では男どもは車座になって自転車談義と予定の確認。
女性陣はデッキに出て写真を撮ったりと、思い思いです。
左手に家島諸島を見ながら穏やかに晴れ渡った瀬戸内海を進み、11時30分、いよいよ小豆島に到着です。
P1000930.jpg P1000935.jpg
P1000933.jpg P1000934.jpg
最初の目的地は「大阪屋」。ここでお昼をいただきます。
港を出て左折。と、町を抜けるといきなり登り。
P1000937.jpg P1000938.jpg
全員、脱力。
とはいっても、前に進まないわけにはいきません。
海岸沿いの(といっても島なので、どこを走っても海岸沿い)アップダウンを走り、途中「南風台」という展望台で休憩。ここで思い思いに記念撮影。
P1000940.jpg P1000942.jpg
P1000944.jpg P1000945.jpg
P1000947.jpg P1000948.jpg
P1000949.jpg P1000950.jpg
脚もほぐれたところで、再び出発。
ここからはMasatoが横に並んで「遊びましょう」ときたもんだ!
このあたりから先頭集団に異変が発生。
走るたびにスプリント合戦。年寄りをいじめるんじゃない。
最後の下りをMasato先頭で安田の交差点に入る。ここを左折するが、お遊びが過ぎたのか、予約していた時間に間に合いそうになく、地蔵さんが先頭で引っ張ってくれます。
醤油の香ばしい匂いと大豆を煮た甘い香りが充満する中を過ぎ、坂出港近くの「大阪屋」さんに到着です。
満員の中、予約していた席に陣取りお昼をいただきます。
約1時間ゆっくり食事をいただいて、近くにある「マルキン醤油」の工場へ向かい、「醤油ソフト」をいただきます。工場の醤油の匂いが強くてソフトの味が醤油味だったかどうかは微妙。
P1000951.jpg P1000952.jpg
P1000953.jpg P1000956.jpg
P1000965.jpg P1000961.jpg
次の目的地は「エンジェルロード」。
干潮になると沖にある島と砂浜が繋がって歩いて渡ることが出来ます。調べた干潮の時間は14時25分。
「マルキン醤油」を14時頃に出発したので、ちょっと遅いかなと思いましたが、ちょっとペースを上げて走ります。
しばらくは平地が続きますが、草壁港、オリーブ公園を過ぎると再び上り。
ホント、この島は町の中だけ平地でそれを過ぎるとすぐ上りが出てきます。おまけにこれから走る道が見えているので、先の坂が予測できるという親切でもあり、余計なお世話でもあり、という感じですね。
池田港へ出ると微妙な、ホントに微妙なアップダウンを繰り返しながら走り抜け、ようやく土庄町に入ります。
ここへ出るまでも、若い者が仕掛けてくるので自然と脚を回さざるを得ません。
最高速は50km/hを超えたと思ったらそれを抜いていくやつが居る!
Masato、しん★たろ、やっぱり速いな~、って思てたらおやじパワーでなーさん激走。坂で置いて行かれました。
何気にmikaminは坂でぺったり後ろに張り付いてるし。
そうこうしているうちに「エンジェルロード」到着。
女性陣は持参のサンダルに履き替え浜辺で遊ぶ。
男どもはビーチパラソルの下でかき氷を無心に食べる。とにかく暑い~。
P1000967.jpg P1000969.jpg
P1000974.jpg P1000982.jpg
15時半を回って、ボチボチ出発します。
後は島の北半分を約35km走り、福田港を目指します。
最終の船を予定し19時頃には着ければいいので3時間あります。
道の駅・大阪城残石記念公園までは一本道なので思い思いに走ります。ここでもやっぱりスプリントが所々で繰り広げられ、汗が止まりません。
順番に道の駅に到着し、一休みします。が、ここでアクシデント発生。
P1000986.jpg P1000987.jpg
P1000988.jpg P1000989.jpg
P1000990.jpg P1000991.jpg
到着するみんなの写真を撮っていましたが、地蔵さん、NATIVEさん、おばちゃんさんの姿が見えてきません。と、そこへ地蔵さんから電話が入り、道の駅手前1.5km付近の下り坂でおばちゃんさんが道路わきの砂にタイヤを取られスリップダウン。ガードレールに接触し救急車を手配しているということでした。
みんなには「おばちゃんさんが転倒して救急車を呼んでいるらしい」とだけ告げて現場へ引き返すと、道路わきにうずくまるおばちゃんさん。
声を掛けるとはっきりとした声で返事があるので重大な事態にはなっていないと思われたものの、素人判断ではどうすることもできず、救急隊に後事を依頼する。付き添いで地蔵さんも病院へ向かう。
男性陣も数名が現場に戻り、2台の自転車の回収と、(私は知らなかったのですが)警察官の聴取にそれぞれが当たってくれました。
地蔵さんとおばちゃんさんを除く10人で後のことを相談。タクシーの手配や自転車の回収を決め、自走できるものは最終便に間に合うように、道の駅を出発します。
心なしか口数が少なくなったまま約17kmを黙々と走ります。ここでもアップダウンがきつく、時間が読めないことも手伝って、みんなの顔には疲労の色が・・・。
でも、みんな頑張って走りましたよ~。港が見えたときにはやっと着いた~という感じでしたが、それでもおばちゃんさんの状態が気になります。
港に到着後、タクシーで自転車を回収してくれていたよっこちゃんに電話をすると「今、3人で港に向かっています」と。
自転車の積込などで、到着が遅れていたmasatoさん、しん★たろさん、NATIVEさんも到着。
19時過ぎ、全員が港に到着し、一息入れた後最終便に乗船しました。
P1000993.jpg
今回はアクシデントもありましたが、何とか楽しい一日にすることが出来ました。
それにしても、坂を見て「なんや、この坂!まだ続くんか」といいながらサドルから尻を浮かせてダンシングに入る変態がこんなにいたとは・・・。
P1000980.jpg

本日の走行距離・・・70.8km
本日のルート…http://yahoo.jp/qujybP


FC2ブログランキングに参加しています
↓こちらを一押しお願いします↓

     
スポンサーサイト

Category: 自転車 サイクリング ロードバイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。