2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

感動の山登り  第13回ヒルクライム大台ケ原since2001

 【16//2014】

2014年9月14日(日)
Dsc_0379_20140916003222b3f.jpg 
いよいよ決戦の日がやってきました。

9月12日にはクランクをコンパクトに変え、ホイールをDuraに履き替えた最後の調整の金剛トンネルに登り、自己最高の31分21秒と調子も上向きになってきました。
DSC_0364~2 
前日13日には受付を済ませ、所用のため一旦現場から離れましたが、再び24時頃に上北山中学校に戻って仮眠をとりました。
満天の星空が決戦の日の晴れを予感させ眺めるのも飽きないくらいでしたが、とりあえずおやすみなさい。zzz
Dsc_0366_20140916003107fb1.jpg 
で、翌朝、寒さに震え目が覚めると、朝5時の外気温は16℃。
車のエンジンをかけ、暖をとりながら(笑)ジャージに着替えます。
Dsc_0368_20140916003108898.jpg 
準備ができたところで下山用の荷物を詰めたリュックを背負ってスタート地点へ。
おひとり様なので、荷物を預けるとすることもなく…。
とりあえず「ローラー」とかいうものは持っていないので、北山川沿いを30分ほどかけてアップ代わりに走ります。
集合場所ではお友達のかっきーさんややまこさん、春美さんなどとお話をして時間を過ごし、7時ちょうど、チャンピオンクラスを皮切りにグループごとにスタートです。
Dsc_0373_20140916003110beb.jpg  Dsc_0374_2014091600311250d.jpg 
7時08分、私の第3グループがスタート。
最初の10kmは様子見とばかりにのんびりしてましたが、周りにつられ、気が付けばAve.35km/hくらいで走ってました。
この先にある激坂区間のことはこの時ばかりは忘れてました。
まあ、結構な数、抜かれたとは思いますが、こちらも意地があるので(笑)それなりに前の集団を見つけては抜いていくこともできました。
結構、脚回せてます!
そうこうしているうちに、7.5kmで710mを駆け上がるという激坂区間に踏み込みます。
確かにしんどいのですが、練習の時とは違って、たくさんのローディとレースをしていると思うと、アドレナリンもそれなりに分泌され、前に出たいという欲望に駆り立てられ、グイグイと頑張ってみました。
まあ、おかげで激坂区間ゴールの辻堂分岐に出る前の登りで左脚太ももが攣るということになりましたが、なんとか脚を着くことなく、止まることもなく最後の10kmに突入です。
最後の10kmはアップダウンの繰り返しが続くコース。
この10kmの中盤では「sakatani」のジャージを着た方に牽いてもらう形となり思った以上に走れたのではないかと思います。
そしていよいよゴール。
応援の方の「最後の100m!」、「回せ!回せ!」、「いい感じで回せてるよっ!」の声に励まされ、「もしかしたら2時間切ることなんてできないのではないか」という不安を払しょくする1時間39分40秒というタイムでゴールできました。
Dsc_0377.jpg 
途中、原因不明の異音(のちにチェーンリングの5本あるピンが2本抜けていたためにインナーリングが歪むときにチェーンと干渉して出ていた音と判明)に不安を抱き、トルクをかけられない状態で走っていたことを思うと、自分の中では良い結果だと思っています。
Dsc_0378.jpg 
レースの結果は年代別(46歳~55歳一般ロード)で70/146という順位でした。
日本で一番雨の多い地域、といわれるこの大台ケ原も今日ばかりは快晴の一日となりました。
Dsc_0381_20140916003224926.jpg 
このヒルクライム大台ケ原は今回で13回という長い歴史があり、以前から「ここは村の人たちの応援が凄く力になる」、「あたたかく迎えてくれる」といった評判を聞いていましたが、実際に経験すると言葉では言い表せないくらい感動します。
スタートで村の中心を抜けるときには、家の門々で、失礼な言い方ですが、これからスポーツ自転車には乗ることが無いだろうなというおじいちゃんやおばあちゃんが目の前を走る選手に大きな声援を送ってくれる。
レースが終わって下山してきたら家族の帰りを待っていてくれたかのように「お帰りなさい」と迎えてくれる。
息も絶え絶えに激坂を攻めているときは折れそうになる心を支えるように応援をしてくれる。
自力で走り切った達成感以上の感動が下山するまで待っていてくれた…。
奈良県の山奥に、なぜみんな走りに来るのか少しわかったような気がします。


「来年も来てや~」の声に「ありがとう」と言いかけて最後は言葉になりませんでした。

多分、来年参加します。
上北山に「戻って」きます。
20140091413th HCoodaigahara
本日の走行距離  66.18km(レース28kmを含む)



201400912kongouTNhashitamakimitouge.jpg

9月12日(金)の走行距離  71.14km



FC2ブログランキングに参加しています
↓こちらを一押しお願いします↓
     
スポンサーサイト

Category: 自転車 サイクリング ロードバイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。