2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

柏原~滝畑ポタリング+葡萄坂とのどか村

 【28//2011】

2011年8月28日(日)

1年前に盗難に遭った娘のママチャリが出てきてから通勤に使わせてもらってます。
このママチャリ、後輪のパンクのみで盗難に遭って1年も経つというのに状態は良い。
が、しかし、ロードに乗りなれた脚(身体)はママチャリ用に出来上がっておらず、なかなか漕ぎにくい。
ビンディングでもないのに引き足を使おうとしたり、手持無沙汰の指はブレーキレバーをカチャカチャやったり。
STIと違うっちゅうねん。

で、本日、とあるコミュの仲間とポタリングに行ってきました。
行先は滝畑ダム。
石川のサイクルラインから府道218号線を辿るルート。
滝畑方面のコースとしては緩めの坂。

集合は柏原リビエールホール前であったが、仕事の都合上、私だけ金剛大橋下で待ってもらうことにした。
仕事が終わり一旦帰宅後、集合場所へ。
時間がギリギリであったため、少しペースアップして集合場所へ向かうが、ちょうど良いウォーミングアップになった。
集合場所に着くとすでにメンバー(ゆんさん、清八さん、オタTCR-SEさん、たっちゃんさん、まっちゃんさん、えすぁるさん)がお揃いで、一斉に「おー、新車や!!」の一言がご挨拶

さてさてルートを確認し、出発。
河内長野駅前で補給食などを買い、改めて滝畑に向かう。
DSC_0214.jpg
DSC_0215.jpg
(↑河内長野駅前でお買いもの)

府道218号線は少し狭く車に注意して…っと。
途中、えすぁるさんが「やすさん、今日もアウターで?」と聞いてこられたので
「とりあえず行けるところまで…」と返事。実際は走ってみないと分からない。
山間の木々の間の道を7人で気持ちよく(?)走ってしているうちに「滝畑浄化センター」前の交差点に到着。
ここを道なりに右に進む。
この先がこのルートの最大の勾配。とはいっても登るのに苦労はない。登り切ってダム管理センター前の交差点に到着。
ここでバラけた隊列を組み直し走り出す。
夕月橋で一旦止まって行先の確認。とりあえず一番奥のキャンプ場まで走ることに決定し、走り始める。
DSC_0216.jpg
(↑ダム湖にかかる夕月橋のたもとで)

ダムを過ぎれば木立の中を走ることになるが、さすがに都会の暑さもここでは秋の気配を感じる涼しさ。上りもなく「光滝寺キャンプ場」到着。
しばらくここで休憩をとったが、さすがに夏休み最後の日曜日。駐車場は車でいっぱい。河原はテントでいっぱい。川は人でいっぱい。
DSC_0217.jpg
DSC_0218.jpg
(↑人、車でいっぱいのキャンプ場)

見てるとなんだか一大イベント会場のようになっていて、山の中を忘れさせてくれるくらい。
ここで補給食タイム。誰からともなく出た「アイス食べよっ」の声につい釣られて右手に「すいかバー」。130円なり。
っと、アイスを食べ終わったらなんだかおなかが減っていることに気づく。
「そういえば朝から何も食べてない」と朝食用に買っていたおにぎりを一個いただく。
家を出るときに時間がなく、途中で食べようと思ってコンビニで買ったおにぎりの存在をすっかり忘れてしまっていた。
それにしてもBBQの匂いは食欲をそそるなあ。

思い思いの休憩を過ごした一行はキャンプ場を後にする。
リーダーゆんさんが「この後どこ行きます?」と言いながら今まで登ってきた道の奥を見つめている。
初めてのことで知らなかったのだが、ここから奥があの「蔵王峠」へのルートらしい。
リーダーを除く全員で丁重に首を横に振らせていただきました。
さあここからは下り1本。河内長野に近づくとだんだん暑さも増してくる。
やっぱり山の中は涼しい!

サイクルラインに入り、金剛大橋でえすぁるさんが「金剛山行ってきます」と離脱。
「ダムダム団」というダム巡りをしている集団の一員であるえすぁるさんも登り好きなのである。
えすぁるさんを見送り終点(のはず)のリビエールホール前に到着。
ここで一休みして話に花を咲かせていると、やっぱり出てきたゆんさんからの「葡萄、行きます?」の一声。
たっちゃんさんはここで離脱。
まっちゃんさんは「石神社」横の湧水ポイントまで同行することに。
が、ここでアクシデント。
リビエールホール前の交差点。なんとまっちゃんさんまさかの立ちゴケ。
前日の鈴鹿の疲れが出たのか…?。
気を取り直して湧水ポイントで冷たい水で一息。
ここでまっちゃんさんが離脱。
残る4人で葡萄坂アタック。
先頭はゆんさん、2番手清八さん、3番手私、4番手オタさんの順に出発。
マンション前で清八さんをパスし、墓地ヘアピンを抜け、マンション裏手に出るとフロントインナーに落とし走るが、ゆんさんはダンシングでどんどん差を拡げ追うものの戦意を喪失させる走り。
ヘロヘロになりながらもなんとか変電所前に到着。そこにゆんさんの姿。
「やすさん、19分くらいですね」とタイムを告げられる。
自分の腕時計でも19分切れていなかった。やっぱり19分は自分にとって壁であり、18分台が目標になってくる。
でゆんさんは16分。やはり強い。
遅れること数分、清八さん到着。
「コーナーをアウトから行こうと思ったら後ろに車がいて傾斜のきついインベタになって走られへん」と悪戦苦闘。
オタさんも脚の故障を抱えてのアタックで何とか到着。
DSC_0219.jpg
(↑変電所前。みんなで登ると案外楽しい)

何もない変電所を後にし「のどか村」へ。
到着するなり一斉に1切れ100円のスイカを目指すが、ここも観光バスまで来るくらいの人出になっており、さすがに3時半にもなろうかという時間ではすでに売り切れ。
DSC_0220.jpg
(↑のどか村も大変な賑わいでした)

かき氷や飲み物で我慢していると、オタさん、ソフトクリームをほおばりながら「名物・ジャンボコロッケ」をご注文。さすがのパワーである。
ここで自転車談義に花を咲かせ、落ち着いたところで下山開始。
再び湧水ポイントで水分補給を行って、解散。それぞれが自宅に向かった。

皆さんお疲れさまでした。

本日の走行距離(ルートラボによる)…97.2km



FC2ブログランキングに参加しています
↓こちらを一押しお願いします↓
    
スポンサーサイト

Category: 自転車 サイクリング ロードバイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。