2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

久しぶりの100kmライド。

 【10//2011】

2011年8月10日(水)

今日は久しぶりに長距離を走ってきました。といっても100kmですが…。

目的地は「道の駅 吉野路黒滝」。
ここに決めた理由は、会社の先輩が良く行くキャンプ場が近くにあり、先輩から「さすがにここまでは行かれへんやろ」ってなお言葉をいただいたので、心密かに「よ~し、行ってやろうじゃん(いつからハマ言葉喋るようになってんねん)」ていう単純な動機でした。

が、前日、葡萄坂を登って疲れが取れていないと感じて、一度は断念しようと思ったんですが、「休みの日はいつも早起きや」という嫁さんのジンクス通り今朝も5時半ごろに目が覚め、体調も悪くなかったので、再度心を奮い立たせて黒滝行き決定。

ルートはなるべく短く、をモットーに考え、それでも100kmは走りたいという欲望(?)の賜物でR309号線一本勝負。
とはいっても、水越峠あるしなぁ~、まあしゃーないか。いつもと違って「ゆるゆる」で走ればいいことにしよっと。

で、走り始めてトンネル分岐までエッチラオッチラ。分岐にあるトイレの洗面でとりあえず汗を流し、ここから峠まで再び走り始めた。
頂上が見えてからインナーに落とし、体力温存。てっぺんでも水を浴びて5分ほど一休み。

さあここから一気に下までダウンヒル、と行きたいところですが「祈りの滝」でボトルに水補給。
再び走りだし、名柄、室と交差点を突き抜け、ガンガン走る。
戸毛の交差点を過ぎると上り坂、ここもゆるゆると登り切り、吉野口を過ぎて下市口まで快走。
ここまでは以前にも来ましたが、ここから先はどんな道になっているのかわからないので、様子を見ながら走る。

案外と快走できるR309号線ですが、「よ邑」というところを過ぎるとだらだらと長い坂道にかかります。ここから「広橋」というところまでは、くねくねと山道です。
広橋でトンネルに出くわしますが、「トンネル恐怖症」になっている私は手前の旧道を選択。もうひと登り頑張ります。

で少し走ると下りに入り、木々の中を気持ちよく駆け下りもう一つ短いトンネルをくぐって旧道とお別れ。引き続き下り基調の広い道を走ります。
調子よく走っていると、左手に目的地「道の駅 吉野路黒滝」が見えてきた。
DSC_0172-2.jpg
(↑道の駅 吉野路黒滝。裏が河原になっていて泳いだりすることもできます)

普段、休憩では食事をとらないのですが、今日は長丁場。軽めのお食事をいただいた。
DSC_0171-2.jpg
(↑おにぎりセット 370円 意外とイケる)

ここで1時間ほど休憩し、帰途につく。
予定では下市口まで戻り、五条経由で橋本まで走り紀見峠越え、の筈が、五条へ抜けるR370号線が案外と曲者で、10%に迫ろうかという上りが待っていたりする。

R24号線に合流してから重大な決断を迫られる。
前方に大きな道路標識。「↑橋本13km →R310河内長野」。
う~ん、13km走って紀見峠を越えるか、ここで曲がって金剛トンネルを越えるか…。

しかし、選択の余地が少なくなっている。脚にきている。少しでも距離は短い方がいい。
ええい、金剛トンネルや!

後悔半分、R310を登り始める。が、さすがに80kmを越えた脚には負担は大きく、途中で休んでしまった。
DSC_0176-2.jpg
(↑心折れてしまった標識の下)

しばらく休んで再び走り始めて約2km。
やっとの思いで金剛トンネル到着。

ヘトヘトになっていたが、ここからは下りのみ。暑さでぶっ飛ばないことだけを考えていれば楽ちんである。
観心寺まで10kmのダウンヒルは、頑張ってきた自分への最大のご褒美になりました。

本日の走行距離…113.9km
スポンサーサイト

Category: 自転車 サイクリング ロードバイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。